【結婚相談所】
活動ルールがある婚活だから選ばれる

2020年9月30日

街コン、パーティー、婚活アプリなど、婚活サービスはたくさんあり出会いのチャンスは確実に増えています。しかし、「出会えたけど連絡が途絶えた…。」「出会えたけどダラダラ…。」など出会いの先の問題を感じている方が多いようですね。このお悩みを解決できる婚活サービスが結婚相談所です。お相手へのお気持ちをお返事する期限があったり、不誠実な対応をされないための仕掛けをルールとして設けています。

交際期間の戦略的ルール

結婚相談所の強みの1つ。交際期間の期限を設定していること。
交際は原則3か月。合意によって最長6か月まで延長することができます。

お見合い

お見合い後、交際へ進めたいかどうかのお返事は直接お伝えせず担当アドバイザー経由でお返事をします。お返事は翌日までの期限。OK、NGと答えが出るので、お相手のお気持ちがわからないまま連絡が途絶えることがありません。また、当人同士で連絡先の交換(名刺含む)は禁止。後日、SNS検索などのトラブルを防ぐためフルネーム、連絡先は交際に進むまで開示されません。

他にもある、お見合いのルール

  • IBJシステムで成立したお見合いはキャンセルできません。
    やむを得ずキャンセルをする場合は所定の違約金をお支払いいただきます。当日15分以上の遅刻をしたことで、お見合いが不可能とお相手が判断した場合も同様に違約金が発生します。
  • お見合い時間は1時間
    時間が決められているので、いつお開きにしたら失礼にならないかなど心配がいりません。次の予定も立てられるので安心。
  • お茶代は男性が支払うルール
    男性が支払うのがルール&マナーとしていますので、どちらが支払うのか、割り勘か、など嫌な空気を当日作りません。

プレ交際(仮交際)

プレ交際期間は、恋人未満の状態。いわゆる恋愛でいうお付き合いの前の段階です。1回1回のデートや連絡を重ねコミニュケーションをマメにとりながら、結婚をイメージしていく大事な期間です。この期間をいかに真剣にお相手と向き合えるかが、3か月後の結果に繋がります。

多くの婚活経験者が体験しているお悩み、「連絡が途絶えた…」 「お断りしずらい」「婚活のペースがあわない」という内容の多くはこの時期におきる問題です。結婚相談所ではこのお悩みを解決できるようルールを設けています。

  1. ファーストコール
    交際成立後、数日内に男性から女性へファーストコールをし次回のデート日程を決めます。
  2. お会いする基本ペース【毎週会い、毎日連絡をとる】
    ご都合で難しい場合もありますが、このペースで進めていくことをおすすめしています。
    状況にあわせてアドバイザーよりアドバイスをおこないます。デートの予定が組めていないなど、その理由を直接聞けない場合、相談所同士間に入り確認をすすめます。
  3. 直接お断りはNG
    交際を終了する場合、お断りのお返事は担当アドバイザーを通じて行います。お相手に直接「NO」の意向を示すことは避け、担当アドバイザーへ連絡をします。
    ※「交際終了したお相手に直接連絡を取ることは厳禁です。迷惑行為とみなされます。」とルールがあります。

デートSTEP

オススメしているデートステップ

  • 1~2回目【短時間デート】
     2~3時間のお食事デート。楽しく会話をし、お互いを知っていきましょう。
    半日デートプランの計画を一緒にできる関係構築を目指します。
  • 3回目   【半日デート】
     5~6時間の半日。でランチや夕食などの1回の食事に水族館などのお出かけスポットをプラス。楽しかった!あっという間だった!など居心地の良さを確認します。
  • 4回目     【1日デート】
    2回の食事の間にお出かけを含む7~8時間ほどの1日デート。ちょっと遠出もOK!
    結婚観も少しずつはなしていきましょう。1日一緒にいて心地よい関係が築けているかな?真剣交際に進むか見極めを。もし結婚したら…?とイメージをしてみて。

真剣交際

真剣交際は、結婚へ向けて一人のお相手と向き合うステップです。プレ交際から真剣交際へ進みたい場合、お相手も自分と同じ気持ちかどうか、温度感やタイミングが重要。担当アドバイザーを通じてすり合わせていきます。そしてお気持ちを直接お伝え頂き(告白)真剣交際へステップをすすめます。

真剣交際STEP

真剣交際は、ご成婚に向けてお一人と向き合う期間。確認したいこと・懸念や不安を払拭をしていきます。楽しいいデートを心がけながらふたりの関係性を育んでいきます。

  1. 将来のすり合わせ
    これからの仕事・家族・住まいの話など、話し合っていきます。ふたりとも結婚に向けた交際なので、聞いたら重いかな…など心配はいりません。
  2. 話合える関係性作り
    「自分はこう思っているんだけど、あなたはどう?」交際中に何か大切なことを聞きたいときに使ってほしいワード。自分の意見を伝えつつ相手の意見も聞ける、話し合える関係が理想です。
  3. プロポーズまで逆算して動く
    真剣交際に進んだらプロポーズ日の目標をアドバイザーと相談しましょう。プロポーズに向けていつまでに何をするか。交際期間のルールがあるから期限を決めて進めることが出来る結婚相談所での活動の強み!プロポーズ準備もダンドリが大切!
あなたを守るためのルール

出会いの場が気軽になり、その分トラブルや事件も耳にします。結婚情報サービスも結婚相談所も提出書類は同じくありますが、それだけでは身元は保証されていても本当に結婚が目的の方かは判断がつきません。違う目的で被害にあうことがないよう結婚相談所では下記ルールを設けています。これを行き過ぎたルールと思う方もいらっしゃいますが、昨今のニュースを見れば行き過ぎとはいえません。
 

交際期間中の注意事項(ルール)
ルール上、結婚、婚約またはそれと同等の成果(「結婚の口約束」「宿泊」「宿泊を伴う旅行」「婚前交渉」「同棲」「交際期間を延長し通算6か月をけいかした場合(交際期間は原則3か月)など」は成婚とみなします。

トラブルを避けるため、交際期間中の宿泊を伴う旅行や婚前交渉は禁止です。なお、おふたりでの外泊や婚前交渉の事実が明らかとなった場合は、成婚のご意思の有無にかかわらず、成婚とみなし成婚退会手続きをおこなっていただきます。金銭の授受、貸借もトラブルのもとですので禁止です。

最後に

【婚活=出会い】だけが注視されていので、自然な出会いならプライスレスなのにお金を払って出会うのは損をしている!そこまでしてやりたくない!と思う方も多いでしょう。
「出会いがあれば結婚ができる!」残念ながらそうではありません。出会わなければ始まらないのですが、出会ってから交際、婚約、結婚まで進めることが婚活ではいちばん難しいこと。そこまでしても現実は難しいことなのです。

街コンやパーティー、婚活アプリなど、出会いの提供だけの婚活サービスではなく、他サービスより費用がかかっても結婚相談所が選ばれている理由は、出会いから結婚へ導くための戦略的ルールがあり、安心安全な場所であるからです
 

マリアージュサロンミューでは
無料カウンセリングを行っています

現在の婚活でのお悩みをお聞かせください。どんな婚活スタイルがあっているのか、結婚相談所、他サービスとの違いをお伝えいたします。相談が入会ではありませんので、安心してお気軽にご相談ください。